v-link125sマフラーの錆落としと塗装そして装着

まあまあ何とか、それなりの恰好にななりました。

メーターワイヤーの取り寄せに時間がかかりそうなので、ついでに!

だったのですが、かえって錆落としと塗装に時間を要してしまいました。

まずは、マフラーを外します。

作業をしやすくするのに、倒して作業です。

残念ながら、作業前の写真は撮らなかったので、塗装後の画像です。

 
次に、下処理です。
錆が深部まで達していたので、1週間錆落としの湿布をしてみました。
シップの上からラップして、蒸発を防ぎつつ行っております。
散らかった絵で申し訳ない。

 

お次は、下地作りです。

研磨して、錆の残りを落とします。

ドリルのビット関係は、100円ショップです。

下地をきれいにした後は、耐熱塗料で全体を薄く、3回くらい塗りました。

写真は、2回目の塗装後。

あとは、ガスケットをつけて、取り付けるのですが、v-link125sに適合するガスケットが見つからない!

実寸は内径23mmのガスケット。

売り方に問題があると思うのは、実寸を示したページがほとんどないこと。

どこの会社も、国産バイクの適合表のみ!輸入バイクは眼中にないってこと?

 

で、しょうがないからGY6エンジン用のガスケットを探す!

とともに、流用できそうなパーツも探す。

結局、キタコXH-02のほうを購入、併せて液状ガスケットも購入。取り付けは、液状ガスケットを塗って、キタコの金属ガスケットを取り付けて、ボルトで固定。

多少、削ったところが歪に凹んではいるけど、まあまあの出来じゃないかな?

取り付けてしばらくは、塗料の焼ける匂いがしますが、だんだん気にならなくなりました。

と、いうわけでメンテナンスの備忘録でした。