帝王切開、20年で倍増 背景に訴訟問題 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース.

 

大変難しい問題だと思います。帝王切開のほうが母体への苦痛も少なく、少子化のこの時代にマッチした分娩方法ということでしょうか?確かに医師としては、すべてのことがコントロールしやすく、リスクを避けることがあるのは事実でしょう。

 

 

分娩で命を落とすリスクは、今も昔もゼロではなく、命がけであることは間違いない。また、悲しい結果となったとき、周囲の期待感も大きいため、気持ちの持って行き所がなく、医療に対する不信感となってしまうことも容易に想像がつく。

 

 

妊娠・出産というものに対して、世間一般には明るい話題が多いのだが、命をかけたリスクが存在することは伝えていかなければならないことではないだろうか?